ホワイトニングの種類

category01

歯を白くするホワイトニングは年齢や性別を問わず人気を集めています。

Yahoo!知恵袋の情報ならお任せください。

しかし、実際に受けたことがある人はあまり身近にいないものです。どのような施術で、どのような仕組みで歯を白くするかを知っておくことは大切です。



まず、種類は大きく分けて2種類あります。


オフィスホワイトニングは、歯科医院で行う方法で、患者さんは診療台の上に寝ているだけで何もすることはありません。

歯科医師や歯科衛生士などスタッフが、歯茎を守るジェルを塗ってから、歯を漂白していきます。この時に、漂白する薬剤が浸透しやすいように特殊な光を歯に当てていきます。知覚過敏や虫歯があると、この薬剤がしみてしまうので、治療をしてからでないと受けることができません。薬剤の濃度は非常に高く、1回の施術で歯を白くすることができます。
もう一つの方法は、ホームホワイトニングといって、歯科医院で歯型に合わせたマウスピースを作成し、専用の薬剤を入れて自宅で行う方法です。

納得の表参道の歯周病を知りたい方必見の情報を集めました。

濃度は歯科医院のものより低いので、1回で白くすることはできませんが、継続することで同程度に歯を白くすることができます。何より、自宅で行えるため、何度も歯科医院に行くのが難しい患者さんでも歯を白くすることができるメリットがあります。
結婚式までに歯を白くしたいなど、期日が迫っている場合には、デュアルホワイトニングといって、両方の方法を取り入れることで、より短期間に効果的に行うこともできます。

納得の情報

category02

近年、世の中では歯が白いことが1つのステータスといえます。では、歯を白くする方法として、よくホワイトニングという方法を耳にします。...

subpage

医療の常識

category02

ホワイトニングとは歯をブリーチして白くする治療方法です。ホワイトニングにもいくつか種類があり、それぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。...

subpage

医療が気になる方

category03

ホワイトニングには歯科院で行うオフィスホワイトニングと自宅にて行うホームホワイトニングの二種類あります。歯科医院でホワイトニングを勧められるときにその歯科医院に置いてある機械の種類や薬剤によってどちらを勧められるかわかれるかと思います。...

subpage

知りたい情報

category04

デンタルクリニックで歯科衛生士などにしてもらうのが、オフィスホワイトニングによるケアになります。良い点としては自分でするケアとは異なり、お任せして白い歯を手に入れることでしょう。...

subpage